1月 15

Profile

小谷真理 

  • SF&ファンタジー評論家。

  • 1958年富山県生まれて、湘南で育つ。
  • 小学生の時は天文部、中学生の時は夏休み制作で反射式天体望遠鏡作り、高校で物理部地学班天体観測チームに所属。
  • 神奈川県立平塚江南高等学校在学中、TORITON神奈川県支部平塚町内会<梁山パック>と知り合い、のちにこれが母体となって F&HFfanclub<ローラリアス>   結成(1976年)。
  • 北里大学薬学部薬学科卒業後、湘南赤十字血液センター勤務を経て、1990年より現職。(大学在学中は、同級生同様、大村智先生から、微生物薬品製造学、というか真菌培養術を伝授されましたが、なぜか雑菌混濁(コンタミネーション)ばかりをやらかし、ついた仇名がコンタミさんでした〜orz )
  • 日本SF作家クラブ会員。
  • 日本ペンクラブ 女性作家委員会副委員長(2003-2015)。
  • ジェンダーSF研究会会員。
  • 第14〜25回(2002-2013)日本ファンタジーノベル大賞選考委員。
  • 2013年〜2015年度まで 明治大学情報コミュニケーション学部客員教授。任期満了しましたが、諸事情により兼任講師として、引き続き勤務中です。
  • 1995年より東京外国語大学の「総合講座:世界文学に触れる」に講師として参加(年三回)。
  • 2016 年より 一般社団法人 日本SF作家クラブ 理事。

  • 著書『女性状無意識』(勁草書房)で第15回日本SF大賞受賞(1994年)。巽孝之との共訳書『サイボーグ・フェミニズム』(トレヴィル)で第2回日本翻訳大賞思想部門受賞(1991年)。他の著作に『聖母エヴァンゲリオン』(マガジンハウス)、『ファンタジーの冒険』(ちくま新書)、『おこげノススメーーカルト的男性作家論』(青土社)、『ハリー・ポッターをばっちり読み解く七つの鍵』(平凡社)、『エイリアン・ベッドフェロウズ』(松柏社) 、『テクノゴシック』(ホーム社)などがある。

  • 連載 : 日本経済新聞 (木曜夕刊 書評欄「目利きが選ぶ今週の三冊」)。